主婦の隙間時間いろいろ

子供が巣立ったあとの夫と犬と姑との暮らし

在宅ワークとパートはどちらが得か

テープ起こしの求人に応募

 ひまな主婦ですが、一応仕事をしています。

 テープ起こしを10年近くやっています。1つの会社の仕事のみやっています。

紙の広告に求人が載っていたので応募して採用されました。会社の研修を受けた後に仕事を始めました。

テープ起こしは仕事がない時期が結構ある

 テープ起こしって繁忙期と閑散期があるんです。ひまな時期が結構あるんです。

確実にお金が欲しい人には向きません。

 時給換算すると普通のパートより割に合わないと思いますが、朝の1時間、夕方の1時間を家族や自分のために使い、夕食後や土日などを仕事の時間に充てることができることと、移動や余計な昼休みの時間を拘束されないことを考えるとパートに出ることよりもいいと思って今までやってきました。

 また、やる気があれば何歳まででもできるということ、働くに当たって身支度やお付き合い費、食費の節約等を長い期間で考えると在宅ワークが得という計算をしています。

 また、クラウドソーシングなどで仕事を請けることも考えたことがありますが、仕事の単価が高くても自分で仕事を探す時間とか新しい仕様書を理解する時間をとかを考えると、単価が安くても自動的に仕事が来て、仕様書がいつもどおりで、無理な仕事は来ないとわかっている今の会社が楽です。

 繰り返しますが、確実にお金が欲しい人には向きません。

 私、もっと仕事をいただけませんかと言ったことがあるのですが、無理と言われたのでさらに別の仕事もしています。

在宅ワークは子どもが巣立った後にこそ最適な働き方

 パートができなかった理由は私の要領の悪さがあるのかもしれませんが、食事の支度だけで本当に忙しかったのです。パートから帰ってから食事をつくるなんて考えられませんでした。子どもたちが巣立ってしまうと、食事の支度が本当に楽です。

以前は仕事の時間をつくりだすのが大変なこともありましたが、今はだらだらやっても

1日の作業予定は終わります。テープ起こしは疲れるので、私は長い時間続けるよりも合間合間に家事や趣味を入れてやっていくやり方にしています。

 テープ起こしは最初は割に合わないと思いますが、本当に長い時間かけると割に合うと思える収入にたどりつきます。

 ブログで収入を得るということも同じ感じかなと思っています。

  

テープ起こしに興味のある方はこちらの記事もどうぞ

syufutry.hatenadiary.jp