主婦の隙間時間いろいろ

子供が巣立ったあとの夫と犬と姑との暮らし

子どものころに習ったピアノを再開する

今週のオクニョも終わってしまいました。

ああ、今週も王様に自分のことを告げなかったのですね。

次が待ちきれません。

 

 冬のソナタを見て電子ピアノを買う

私が最初に見た韓国ドラマは冬のソナタ

お互いの正体がいつわかるのか、今週もすれ違いかの繰り返し。

次が待ち遠しくなります。

韓国では週に2回放送されるとか。韓国人は1週間は待ちきれないそうです。

 

そして、ピアノの音色に魅了され、電子ピアノを購入。冬のソナタの楽譜も購入。

「初めて」を何となく弾いてみました。

私、子どものころピアノを習いましたがほとんど練習しなかったのでほとんど弾けません。おとなのピアノの本をいろいろ買って弾き始めました。毎日が楽しくなりました。

 

 ピアノは大人の趣味に最適

 ピアノは大人の趣味に最適だと思います。

まず、必ず間違いなく音が出るのがいい。

管楽器とか弦楽器はまず音が出せませんから。

それからピアノは大人向けの教本の数も多いです。

それにヘッドホンを使えば下手な音を聞かれる心配もありません。

また両手を使うので脳が活性化されるのに間違いありません。

 

次の韓国ドラマは春のワルツ

またまたピアノの楽譜を買いました。

 

弾きたい曲があるということが一番のポイントです。

フィギアスケートのプログラムの曲を弾くとか、テレビドラマの主題歌を弾くとか、興味の範囲がいろいろ広がり人生が楽しくなることに間違いありません。

 

 ピアノで練習した曲はカラオケで歌ったときマシンの評価が高いです。

歌を聴いただけで何となく歌うと、カラオケマシンの音程正確率がひどいです。

 

楽器の演奏はお金がかからない趣味

私が買ったのは15万円くらいのヤマハの電子ピアノです。

(今思えばもうちょっと高いほうがよかった。キータッチがいまひとつです。)

一度買えばメンテナンス費用は全くかかりませんし、楽譜代も微々たるものです。

楽器屋さんに行けば本当にたくさんの大人向けのピアノの本があります。

 

楽器の演奏は独学では壁に当たる

ただ、やっぱり一人だとうまく弾けなくて壁に当たります。

私はヤマハのおとなのピアノ教室の無料体験に行ってみました。

 

本物のピアノはタッチも音もはやはり電子ピアノとは違い、時々本当のピアノの音に触れる時間ができたら幸せだなと思ったのですが、昔のピアノのレッスンを思い出すと、練習していかなければ行っても仕方がないのです。

ひまな時間が時々あるとはいえ、レッスンに行くというのはやはりプレッシャーがかかります。大人の音楽レッスンは練習して来ない人も多分たくさんいると思いますが、どうせやるならちゃんと練習してから行きたいと思い、レッスンに通うのはあきらめ、時々楽しみで弾くだけになりました。

 

でも私のレベルでは1曲弾けるようになるまですごく時間がかかります。

#や♭がたくさんついた曲は無理。音符も五線譜から外れているところはフリガナが必要。ああ、子どものときもっと練習しておけばよかった。

しかも中途半端に弾けるから初心者用の楽譜では満足できない。

 

義母と娘のブルースの主題歌 『アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)』

ヤマハのプリント楽譜で買いました。

ああ、やっぱり私には難しかった。

 

 

 

大人のピアノレッスンには弾きたい曲が弾けるまでといったコースもあるので、時間があればそういったところに少しだけ通ったらいいと思います。ずっと続けるとお金もかかりますが、短期間の投資は仕方がありません。

ピアノはいろいろなジャンルの曲が弾けますが、合わないジャンルがあります。

ハワイアンです。

私はフラを習ってハワイアンソングを歌いたくなったので、ウクレレを始めました。

ウクレレの話に続きます。

syufutry.hatenadiary.jp