主婦の隙間時間いろいろ

子供が巣立ったあとの夫と犬と姑との暮らし

私が嫁に来たときの姑の年齢になって思うこと。50代ってなんかやる気が出ない。

昨年からずっと何となく体が不調です。年齢のせいかコロナのせいかわかりませんが、何のやる気も出ません。

 

思えば、私が嫁に来たときの姑の年齢になりました。

家事は姑がやってくれて私は外で働くつもりでしたが、なんか思っていたより全然姑が何もやってくれなくて、土日は私がご飯を作らなければならず、私だって休日には休みたいのにと、不満ばかりが募っていたのを思い出します。同居だと夫が全く何もしないというのも腹が立ちます。

 

自分がその年齢になってみれば、家族の食事の用意をするのもなんか面倒になったなと思います。若かった私は更年期とかそういうことも知らずに、自分の母はもっとやってくれるのに、どうしてと思っていました。

姑にすれば、気をきかせたつもりで全て嫁にやってもらいたいと思ったのでしょうね。そのほうがうまくいくと思ったのかもしれません。もともと料理が嫌いな人だったのでなおさらですね。もう引退するという言葉がよく出ていました。

 

また、年金をもらうまでにはまだ間があったのでお金の心配もあったのでしょう。

お金の面でも息子を完全に頼っていて、外食するとなったらいつも夫が払っていたので、なるべく外食しないで家でつくるようにしていたのでほんとに私、疲れ切っていましたね。

 

お互いに時間もお金も余裕がない上での同居はうまくいくはずがなかったのだと今は思います。

 

子どもたちがしばらく帰省していないので、なんか本当にご飯をつくるのが億劫です。もし今から一緒に住むことになって毎日私がご飯をつくるとなったら、うーん、ちょっと疲れちゃうなあと思います。

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村