主婦の隙間時間いろいろ

子供が巣立ったあとの夫と犬と姑との暮らし

エッグパンツを作りました。またサイズが微妙。そしてゴムがうまく通らなくて苦戦しました。

遊布工房のパターンでエッグパンツを作りました。

【型紙】エッグパンツ 国産生地・刺繍生地の通販 【遊布工房-ゆうこうぼう-】/山梨 生地|商品詳細

f:id:hawaiianquiltsai:20210531135301j:plain

f:id:hawaiianquiltsai:20210531135311j:plain

布も遊布工房で、ハンドワッシャーツイルです。

結構厚みがありますが、ゆるゆるのパンツなので夏でも涼しく着れそうです。

この生地は間違えたところをほどくのが大変です。裏がガーゼになっていてループ状だし、表も余計な糸をひっぱってしまうと大変なことになりました。

私は手縫いのときは失敗したらしょっちゅうほどいていたのですが、そういうわけにもいかないのですね。今度からもっと慎重に縫おうと思います。

今回は後ろポケットを少しほどいています。縫い目が曲がったのが気になったので。

 

3㎝のゴムを入れるのに3.5㎝のゴム通しを作っているはずですが、どうやら途中狭くなっているようで、ゴムが途中でねじれて平らになっていません。前から見るとぐちゃぐちゃです。

ゴムはなぜか途中でひっかかって通せませんでした。前ポケットの縫い代の辺りがどっち向きに通してもすんなり通りませんでした。

「ゴムが通らない」ってググってみましたが、そんな人いませんでした。

ゴムを挟みながら縫う方法があったので、今度はそうしてみようと思います。

 

そして、出来上がりを試着してみると、パンツの幅が広すぎると思いました。

サイズを間違えました。

サイズをウエストに合わせた型紙にしたのですが、ヒップに合わせてもっと小さいサイズでよかったと思いました。サイド部分を1㎝内側を縫い直しました。

 写真は縫い直す前のものです。縫い直したらカーブが微妙になっちゃいました。

先日サイズが分かってきたなんてブログを書きましたが、ボトムについては分かっていなかったってことです。

スカートは大丈夫だと思ったんですが、やっぱりいきなり高い布で作って失敗しました。でも着ますよ。

ボトムって生地選びが難しいです。透けるのは駄目だし、あまり厚くても縫えないです。今回の布ははきごこちはいいし、間違えてほどかなければ縫うのは難しくないので、今度は母の分をつくってあげようと思います。

しかし、生地の耐久性とか着用回数を重ねたときの感じがどうなのかはまだ分からないので心配ではあります。

 

あと、ウエストがゴムだけなのはちょっと不安なので、ひも通しの穴をボタンホールでつくってひもを通しています。

エストが緩いと、うしろポケットの重みで後ろにずれてバランスが崩れます。

ほんとにサイズを失敗しました。ウエストをまくってはいてもいいぐらいです。

うーん。ボトムはゆったりが好みだったのですが、ゆったりし過ぎました。

 

でも前から欲しかったテラコッタのパンツなので自分で作れてうれしいです。

先日作ったブラウスと合いそうなのですが、私の場合、上下とも色がぼやけているのは似合わなかったようです。そしてまんまるシルエットがちょっとだめかな。

上はあまりゆったりしていない黒か紺を着ようと思います。

 

インスタに投稿するための着た写真を自撮りしたのですが、どこからどう撮っても満足できる写真になりません。スマホをスタンドに立てて撮ると、どうしてもうまくとれなくて、パソコンのカメラで撮影すると角度がうまく調整できることに気が付きました。

どっちみちどうやって撮っても太ったおばさんですがトリミングしてインスタに投稿しちゃいます。

トリミングするときアスペクト比を考えてトリミングしないと写真が途切れてしまうこともわかりました。なるほどです。以前に投稿した写真は途切れちゃってました。

今回4:3でトリミングしたのに、やっぱり少し途切れちゃいました。

インスタ、難しいです。

 

私もほかの方がつくったのは実際着た感じを見たいですが、おばちゃんで着画を投稿されている方は少ないですね。

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by そめの藍 (@somenoai)