主婦の隙間時間いろいろ

子供が巣立ったあとの夫と犬と姑との暮らし

追いつめられない在宅ワーカーはスキルが向上しない

テープ起こしをやっていると人に言うと、なんか物すごいスピードでタイピングしている姿を想像すると思うのですが、実際はそうではありません。

 

ほかの記事でもかきましたが、入力するたびに確認しなければならないことが多いので、ずーっとタイピングするということはないのです。

syufutry.hatenadiary.jp

 

 

Windowsのショートカットキーも使いこなせればいいのですが、私が使いこなせているのは以下のものだけです。

 

 Ctrl+c またはCtrl+x ctrl+v  コピー&ペースト

 Ctrl+a Ctrl+c Ctrl+v      全てを選択して別のファイルに張りつけ

 Ctrl+z              タイプミス、漢字の変換ミスの取り消し

                 (文字の削除として)

  Ctrl+y                                                Ctrl+zの取り消し

Fn+Ctrl+home又はEnd        文書の先頭に行く・文書の最後に行く

 

ctrl+zは便利に使える

これをブログを書くとときに使うとしたら、コントロールキー+Zは文字入力を間違えたときに、漢字の変換キーを押す前にCtrl+z を押すと、バックスペースキーを何回も押すよりも早く文字を消すことができます。

私は2文字入力しただけでながーい文章に変換されることが多いので、修正するときにはバックスペースではなくコントロールzで消します。

 

また、ワードなど、ほかの文書で作成した記事をコピペすると文字のフォントがその部分だけ違ってしまいますが、そういう場合は一旦メモ帳に全部をコピペして、フォントなどの情報をとってしまってからまたコピペすると、ほかの部分と同じフォントになります。

向上心がないといつまでも効率が悪い

仕事をしているときは納期内に作業を終わらせることに精いっぱいで、仕事が終わるとたまっていた家事とかやりたくなってしまうので、今ある技術からなかなか上達しないのが在宅ワーカーの実態だと思います。

私の場合、

最初の年    

  タイピングスピードが全然だめだと思い、

  タイピングゲームでタッチタイピングを練習。

8年目

  短縮読みで入力できる単語の大幅な見直し。

これしかやっていません。

 

 一人でやるということは、誰にも何も言われないということ。だから楽なのだけれども、向上心がないといつまでも同じことの繰り返しになります。

 会社なら能力以上のことをやらなければならないのでどうにかして自分のスキルを上げる努力をするでしょう。在宅ワークは自分を追い込まないのでスキルが向上しません。周りで教えてくれる人もいません。

 繁忙期にはちょっと無理した仕事が来ることがありますが、それは作業時間を増やすことでクリアしてきました。家事を省略すれば時間はつくれます。

 それを時間をかけることで解決するのではなく、もっと考えることがあっただろうと昔の自分に言ってやりたいです。

 最近になって効率化を考えているのは、仕事が余裕の時間で終わるようになってさらに趣味の時間を取りたいと思っていろいろ考えているからです。

 コピーする文字の選択をマウスをドラッグさせながら行っていますが、これをもうちょっと何とかできたらもっと早く仕事が終わるのになあと考えています。

 

ドラマ「わたし、定時で帰ります」

 ドラマ「わたし、定時で帰ります」では、30歳のフロントエンジニアが、家に帰っても別にやることがないと言ってだらだらと仕事をやっていました。なんか私に似ています。

前に在宅ワークについていろいろググったときに、やっぱりタイマーをかけてその時間椅子から立たないと決めているというのがありました。ドラマでもエンジニアは恋愛のために頑張って効率化するのですが、「なんか疲れた。もういい」と言います。ますます私と同じです。そうです、頑張りすぎは疲れますよ。東山さん、毎日定時で仕事終わるってすごいです。

 

ブログで稼げれば仕事を減らしてもいいですが、今のところそういう見通しは全く立っていないので、作業の効率化を図って仕事にかける時間を減らすことを考えています。

 

こういうのをパーキンソンの法則と言うそうです。

自分で自分を追い詰めないとだめですね。